乃木坂46

【乃木坂46】古参が選ぶ本当に歌詞が素晴らしい曲10選!!!

更新日:

古参 乃木坂46 歌詞

 

乃木坂46は、キャッチーな曲が多いように感じられますが、その中でも、本当に歌詞がいい曲が多いです。

48グループ、坂道グループの中でも随一かと筆者は思っています。

泣ける歌詞、面白い歌詞、ストーリー性のある歌詞…

いろいろありますが、今回は

 

乃木坂ファン歴7年の筆者が選ぶ!!

 

古参が選ぶ本当に歌詞が素晴らしい曲10選!!

 

をランキング形式でお届けしようと思います。

 

 第10位:今、話したい誰かがいる

2015年リリース / 13thシングル

 

1人でいることを好んだ主人公が、とある異性と過ごしているうちに、恋をしてしまう。

最初はお互いに気づいていなかったその気持ち。

いざ気づいてしまうと、今までの関係を壊してしまう。失いたくないからこそ、隠そうとする。

しかし、それでも「この人となら…」と。

たとえ何を失ってでも、その人となら一緒にいたいと思う。

そんな気持ちに主人公が気づいていく、強い気持ちが歌われている一曲です。

 

第9位:泣いたっていいじゃないか

2017年リリース / 18thシングル カップリング

 

大人になったからこそ悩み、泣きたくなることが増えていくのは、おそらくほとんどの人に共通して言えることだろう。そして、

自分も大人だ、我慢しよう」

そう思うのである。

人間は大人になるたび、我慢を覚える。

それは強くなっていると言えるのか?

たまには泣いたり、傷ついたりしながら、人間は成長していく生き物である。

彼女たちもデビューからつらいこと、悔しいこと、悲しいこと、たくさんあったことは、ファンの方々もテレビを通して知っているだろう。

それを乗り越え、ここまでのグループに成長していったのである。

 

 第8位:悲しみの忘れ方

2016年 2ndアルバム収録曲

映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」主題歌

 

デビューから今までの彼女たちの悩みや葛藤を歌った曲である。

彼女たちが、これからどうなっていくのかわからない、それでも前に進むしかない当時の感情や葛藤が書かれているのではないだろうか。

特に二番の歌詞は、とあるメンバーのスキャンダルに対しての歌詞なのではないかと推測されている。

その当時のメンバー同士の葛藤が見え隠れする。

「悲しみの忘れ方」という悲しさを中心とした曲名に感じるが、みんなつらいけど、支え合って少しずつ頑張っていこうという前向きな一曲だと私は感じている。

 

 第7位:サヨナラの意味

2018年リリース 16thシングル

乃木坂1期生 橋本奈々未のセンター曲であり、卒業ソング

 

彼女の卒業とすごくリンクする歌詞がところどころに見受けられる。

始まりがあれば、必ずサヨナラは訪れる

しかし、その別れの先にも、未来は続いて

別れの悲しさや寂しさに、人はそこから動くことに躊躇するものである。

サヨナラの向こうの、未来への一歩を踏み出そうという、前向きな志しを含む一曲である。

 

第6位:生まれたままで

2014年リリース 8thシングル カップリング

アンダー曲

 

曲のメロディーのポップさに隠れて、非常に重たい歌詞となっている。

夢を目指したが、上手くはいかなかった。

他人と比べ、嫉妬もしたし、憎みもした。

生まれたままでいられたら、こんな気持ちは生まれなかっただろう。

振り返れば後悔が押し寄せるけど、まだ頑張らなくてはいけないという気持ちを歌った曲です。

 

 第5位:やさしさとは

2013年リリース 7thシングル カップリング

 

乃木坂の隠れた名曲と言っていいだろう。ライブなどでも歌われるのは、ごく稀である。

「やさしさ」とは。

やさしさとは、いったいなにが正解の形なのか。

慰めることなのか、それともなにも聞かないことなのか。

主人公は迷い、最終的にどういう行動を取るのか…

ありふれた言葉ですが、その意味を改めて考えさせられる一曲です。

 

第4位:Against

2018年リリース 20thシングル カップリング

一期生のみ参加曲

 

不安や葛藤を抱えながらも、ただ夢を叶えるためまっすぐに走り続けた。

たくさんの壁を乗り越え、その夢へたどり着く。

ではたどり着いたそこがゴールなのか。そこにいることが目指すものだったのか。

それは決して終わりじゃない。まだまだそこで止まるわけにはいかない。新しい世界へ進見続けたい、自分のために。

そして自分の後を担う者たちのために。

まさに「ここから未来を自分で切り拓いていくんだ」という卒業していくメンバーの気持ちを歌った曲だと思います。

 

 

第3位:ないものねだり

2016年リリース 16thシングル カップリング

乃木坂1期生 橋本奈々未のソロ曲

 

この曲に関しては、彼女が歌うからこそより深みが出る歌詞になっていると思います。

芸能界を引退し、普通の女の子に戻るという選択。

「なぜ人は誰も、目の前にあるこの幸せだけで、今日を生きられないの?」

人は欲深い生き物である。なにかを手に入れても、また新たなものを手にしたくなる。

でもそれが果たして「幸せのかたち」なのか。なにかを失ってでも、手に入れたいものものなんてあるのか。

今、持っているものが自分の全てならば、それで満足であり、もうなにもいらないのではないかと考えさせられる一曲です。

 

第2位:羽根の記憶

2015年リリース 12thシングル カップリング

 

乃木坂の曲の中でも、すごく誰にでも心にグッとくる歌詞が詰まっていて、背中を押してくれるような曲だと思います。

メンバーからの人気も高いです。

今を生きているという言葉があるが、今だけを生きてるだけではだめである

その今が、未来へと続く今であってほしい

やりたいこと、叶えたいこと、未来への夢を広げられる時間は無限ではなく有限である。

自分の可能性を信じて、毎日を頑張っていこうと背中を押してくれる一曲ですね。

 

第1位:きっかけ

2017年リリース 3rdアルバム収録曲

 

乃木坂きっての名曲中の名曲です。

これがシングル曲として発売されていたら、世間的にもっと多くの人に知られていた曲だと思います。

なにげなく生きていってしまっている方は、たくさんいるでしょう。きっと私もです。

周りに流されずに、自分の意志を貫いて生きていける人間は限られていると思います。

心のきっかけは、時間切れじゃなくて、考えたその上で未来を信じるこ

自分の考えぬいた意志を信じて、行動することができるのか。

その決断は自分しかできません。

そしてそれがきっとあなたの人生の大事なきっかけになります。

 

おわりに

いかがだったでしょうか?

乃木坂46は、アイドルを超えたメッセージ性のある曲がたくさんあります。

ぜひ気軽にご視聴ください!

 

乃木坂46のライブに興味を持たれた方はこちらの記事もおすすめです!

日向坂のライブの持ち物
【乃木坂46・欅坂46・日向坂46】ライブの持ち物まとめ!これを持っていけば間違いなし!

 









  • この記事を書いた人

きょろ

北海道出身 / 2019年3月 『きょろログ』を開始/ 20代の方向けの記事を主に投稿 / 主に映画やドラマ、アニメをお得に楽しめる方法をご紹介しています。

-乃木坂46
-

Copyright© きょろログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.