日向坂46

【日向坂46】『こんなに好きになっちゃっていいの?』のMVの見どころをマニアックに解説してみた。

更新日:

日向坂の3rdフォーメーション

 

どうも、きょろです〜。

 

今回の記事では、日向坂46の3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』のMusic Videoの見どころを細かく紹介していきたいと思います!

このマニアック企画は、2ndシングル『ドレミソラシド』に続く第2弾です!

 

2ndシングル『ドレミソラシド 』での記事はこちら!

日向坂のmvロケ地
【日向坂46】『ドレミソラシド』のMVを細かすぎるくらいマニアックに見どころ書いてみた。

 

 

この記事を読みつつ、パソコンなりでMVを流しながら読むのがおすすめです!

 

 

 

MV全体

今回のMVは、兵庫県公館と神戸国際会館こくさいホールの2か所で撮影されています。

MVの構成はソロシーンなどはあまりなく、ダンスでの表現が大体を占めます。

メンバーがドレスを着用して妖艶な踊りを見せるものと、オーケストラをバックに私服に近い服装でパフォーマンスするシーンの2つに区分される。

その踊るメンバーの表情には、今までの作品で見せていた笑顔はあまり見られません。

 

過去の2シングルでは、日向坂46の代名詞でもある”ハッピーオーラ”が前面に出る曲やダンスでしたが、今回のシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』は1人の女性が悩む「好き」という感情を繊細に表現する歌詞が特徴的です。

実は前身のグループ「けやき坂46」の時に、彼女たちが歌っていた楽曲は感情に訴えるようなエモーショナルな歌詞の曲が多かったです。

キャッチーで王道のアイドルソングだった『キュン』『ドレミソラシド 』とは違う

「 ”見せる”のではなく”魅せる” 」

彼女たちのダンスの表現や切ない表情からもそう感じられます。

今回の楽曲は「けやき坂46」として見せていた世界観に近い、「日向坂46」としての新たな形になっていると思います。

 

また今回のシングルのフロントは小坂菜緒をセンターに、両端に加藤史帆、齊藤京子を置いた布陣、過去の5人フロントから3人に変更しました。

加藤、齊藤はグループの中でも歌唱力に魅力があるメンバーです。

そのことからも今回の曲においての「歌」の重要性がわかります。

 

実は前身のグループ「けやき坂46」の時に、彼女たちが歌っていた楽曲は感情に訴えるようなエモーショナルな歌詞の曲が多かったです。

今回の楽曲は「けやき坂46」として見せていた世界観に近い、「日向坂46」としての新たな形になっていると思います。

 

小坂菜緒

3作連続センターを任された”小坂菜緒”。

前作と比べると、少し顔が大人びた感じがしますね。

番組で見る彼女はよく笑う女の子な印象ですが、凛とする儚げな表情を見せています。

MVの始まりは小坂が裏から入場し、ポジションにつくと同時に曲が始まります。

センターとしての風格が出てきた感じがしますよね。

 

【0:52】白いドレスを纏って登場。こういう衣装も似合うのは、さすが美少女。

【0:59】先ほどのドレスで階段を降りてくるんですが、この歴史的な建物の外観とすごくマッチしすぎて、ここに住んでいても違和感なさそうです。

【1:09】この表情がなんともいい。

【1:18】サビ前の盛り上がり直前のシーンですが、引き込まれますよね。曲調と表情がすばらしく合致していると思います。個人的にこの曲の中でもすごく好きなシーンです。

【2:04】2番に入る箇所なんですが、ここからドレスが変わっています。

【2:35】・・・可愛いに尽きる。

【3:21】切ない表情に「あなただけ〜」という歌詞がいいですね。

【3:30】また最初のドレスに戻っています。

【4:12】このシングルのサムネに使われているシーンです。ここからの小坂菜緒のソロダンスの表現力は圧巻でした。

【4:49】崩れるように画面からフェードアウトするのが、グッときますね。

 

今回のMVでは、小坂がすごく映る時間が多かったです。

その分、この曲の表現を一番任されていることになります。

表情のアップやソロダンスなど難しい場面が多かったと思いますが、素晴らしかったですね。

17歳にして、ここまで表情で伝えられるのには関心です。

センター適正というとわかりませんが、今回のような曲調には小坂菜緒の雰囲気はマッチしていたと思いました。

 

加藤史帆

過去2シングルではすごく笑顔が印象的なメンバーでしたが、落ち着いた楽曲だとこんな表情もできるとは・・・。

普段のユニークのある表情とは、180°違うほどのギャップを見せられるのは本当にすごいですし、彼女なしでは日向坂46の曲は成り立たないだろうなと思えるほどの存在感だと思います。

特に今回の楽曲でも加藤史帆の歌声は、この曲の核になっていると思います。

 

【0:07】曲のイントロが流れ、いざMVが始まる。最初に移る加藤史帆は、靴の裏を確認していました。なにが気になった!

【0:21】そんな数秒前の行動とは裏腹に、すさまじくかっこいい流し目で曲に入ります。

【0:41】どうやらこの瞬間の映像はカットがかかった後のようです。すぐさま頭を抱える加藤・・・。

【1:46】髪の振り乱し方がかっこいいですね。

【4:07】間奏終わりの部分の大サビ前です。この表情と歌声は痺れますね〜

【4:28】ラストサビの加藤は、どのメンバーよりも感情がこもった雰囲気を感じます。映るのが一瞬一瞬なので、よく見てあげてほしいです。

 

加藤はすごく責任感の強いしっかりした人だと私は思っています。

今回のシングルのフロントは、今までで最小の人数。

曲調などからも自らに求められていることを理解し、それに応えるよう望んでいたのではないかと思います。

それほどの覚悟のある雰囲気を全体から感じられました。

普段とは違う、こういうギャップが魅力なんですよね〜。

 

齊藤京子

3作連続フロント入り。

歌、ダンスともに申し分ないですし、元気な曲よりも今回のような落ち着いた曲のほうが、彼女の美声は映えると思います。

個人的に今回のMVの服装がすごく好みです。

 

【0:21】この曲の入り、他のメンバーは素の表情から、なめらかに入っていくんですが、齊藤だけ一度、前をキッと見つめるのがかっこいいですね。

【1:14】ここのダンスはきっと難しいんだと思うんですが、齊藤含め5名映りますが、全員ちょっとずつダンスが違い、だれが合っているのかわからないですね。

【1:16】細かいですが、腕と指が綺麗です。

【2:09】このシーン全体的に見ても思うんですが、こんなに腕の振りが上手いのは知りませんでした。

【3:06】丹生とのペアダンスシーン。このMVの名シーンの1つですね。

【3:48】小顔すぎてびっくり。

 

ダンスに関してじっくり見てて気づいたんですが、すごく大きく見せるのを意識していると思います。

身長が小柄ではありますが、腕の振りや大きさは随一でしたし、今まで以上にダンスの上手さがわかる作品だったなと思います。

ダンス、歌ともにこの楽曲を引っ張っていましたね。

 

佐々木美玲

今回のシングルは2列目の真ん中の1人になりました。

日向坂の中でも、歌もダンスも万能な印象ですね。

 

【0:41カットがかかった瞬間で、他のメンバーの気の緩む瞬間が見られますが、佐々木美玲だけ振りかと思うような綺麗なターンをしています。

【0:51】んー腕の振りのキレがありますね〜、かっこいい。

【1:58このMV全体を通しても、ベストシーンの1つでもある佐々木美玲の感情のこもった表情。

【2:59なにを話しているのか気になる笑顔。

【3:46寝そべる振りですが、片足上がっちゃいましたね。

【3:52私的にはこのシーンの表情がこのMVのベストシーンです。すごいなぁとしか言えません。

 

いつもニコニコして、ほんわかしてるイメージが強いんですが、今回のMVはびっくりしましたね。

ダンスのキレもそうですが、なにより表情の作り方が他のメンバーよりも頭一つ抜け出ていたかなと思います。

この曲の歌詞やMVの構成から、どのような世界観なのかを理解し、臨んでいたと思います。

とても引き込まれるものがありました。

 

金村美玖

中央左、2ndシングルと同じポジションを任されました。

まだ17歳になりたてながら、最近、人気が急上昇中なので、すごく期待されてのポジションだと思いますね。

ジーパン姿なので、目立ちやすい気がします。

 

【0:21】何と言ってもこの曲のスタートの瞬間。みんな曲の世界に合わせたクール表情に一瞬で切り替える中、1人だけ満面の笑みで突入しちゃいました。どうやら松田好花としゃべっていた余韻が残ってしまったよう。

【0:41】カットがかかり、他のメンバーの気が緩む中、1人だけまだ曲に入っていてかっこいい。

【1:51】手を引く力強さがいいですね。

【1:54一緒に二列目真ん中を務めた佐々木美玲もそうでしたが、この2人の寄りの表情は素晴らしかったです。

【2:32齊藤の後ろから徐々に見えてくる金村・・・?

【3:40まるで人形のような仕上がり。

 

どんどん可愛くなってるなぁ〜と思います。

まだ17歳ながら、この曲を表現する力がすごく感じられました。

ただ過去2曲と比べると、金村は明るい曲調のほうが雰囲気は合いそうな感じはしましたね。

 

松田好花

今回のシングルで唯一、前の列に昇格したのが”松田好花”です。

2ndシングル『ドレミソラシド 』での圧倒的な輝きを私は記事で書いていましたので、納得のポジションです。

あそこまで印象的な活躍を見せると、ちゃんと2列目に来れるということを体現してくれましたね。

そして今回の私服衣装、すごく似合っていて好きです。

 

【0:21はじめに映った瞬間から、ずっと金村としゃべってますね。金村の笑顔スタートを誘発させたここは、いったい何を話していたのか・・・。

【0:41カットがかかった瞬間の脱力感。

【1:10】満面の笑みで金村と会話。

【1:11】スカートをひらひらして遊んでで可愛い。

【1:29】髪の振り乱し方。

【2:29】歌詞をみんなで確認中のようです。

【2:38】このシングルの見どころの一つ。尊敬する佐々木久美に抱かれ、くるくる回るダンス。本人もすごくお気に入りのようです。

 

今回のMVは二列目でもあまり映らないメンバーも多い中、松田は多めだった印象。

真剣なシーンと油断している時のギャップが可愛らしかったです。

今回のMVでもすごく良い印象を受けましたね。

次のシングルも期待できるメンバーだと思います。

 

渡邉美穂

1stシングルからポジションが大きくは変化していない”渡邉美穂”

2列目の右付近が定位置になりつつありますね。

今回のMVでは、最近番組でもよく見せている前髪を分けている髪型にしています。

 

【1:23】キレの良いダンスと表情が良いです。

【2:08】ここからのシーンは、一列目の加藤と齊藤もいる中、真ん中を任されています。

【2:46】普段、あまり見ない印象の高本彩花との会話。割と楽しそう。

【3:52】佐々木美玲の表情が強すぎますが、隣の渡邉美穂もすごく切なげな表情をしています。

【4:17】画面下にフェードアウトしてく感じが好きです。

 

ところどころでメインで映るシーンは多かったですが、他のメンバーに比べると、印象に残りづらい場面が多かったかもしれません。

しっかり彼女だけを追うと、やはりダンスが上手いなぁと感じる部分もありました。

隣の佐々木美玲が目立ちすぎたので、少し隠れてしまった印象ですね。

 

東村芽依

二列目左端にポジションが変わりました。

今回の曲は真面目な切ない雰囲気を纏うシングルですが、東村はヘラヘラしてしまう普段の表情を抑えられたのでしょうか?

 

【1:20】真ん中に映っているのもありますが、さすがの圧巻のダンスですね。

【1:26】普段の癒しっぽい雰囲気なのに、こういう表情もできるギャップがいいですよね。

【1:41】かなり遠くから引きで撮ってる場面。だからこそ、足のステップがすごくかっこよく見えます。

【2:32】おそらく靴紐直しタイム。

【2:56】歌詞にもある「∞」のマークを表しているのかと思ったら、何の動物か当てっこゲームをしてたようです。正解は「象さん」。

 

持ち前の運動神経からのダンスのキレに関しては、メンバーでも随一だと思うので、今回のようなダンスならば、もう少し真ん中の見えやすい位置で見たかったところもありますかね。

髪型もいつもの毛先を巻いているスタイルではなく、ストレートにしていて可愛らしかったですね。

 

高本彩花

高本も二列目右付近が定位置になりつつあるかなと思います。

今回のシングルでも、代名詞のポニーテールは封印。

番組でもあまりしなくなりつつあるので、今後は下ろすのをメインにしていくんですかね?

 

【0:44】さすが高本、このいい女感はなんなのか。

【1:46】髪が乱舞してるのがいいですね。

【2:48】渡邉美穂 × 高本彩花というあまり見たことのないコンビ。

【4:18】渡邊の後ろから颯爽と現れます。よく見たら、途中までカメラ目線。

 

今回のMVは二列目の中でも、少し映る時間が少なめに見えました。

【0:24】など、シンメにあたる東村が全身映っているのに対し、高本がまったく画角に入ってませんでした。

これは良く見ると、二列目の金村、松田、東村の左側に対して、佐々木美玲、渡邊、高本の一人一人の感覚が若干広いんですね。

なのでカメラは真ん中から撮っていますが、高本だけ切れぎみになっています。

また全体的に見ても、左側のメンバーが多く映る傾向があったように感じたので、少し不運でしたね。

 

上村ひなの

今シングルも同じポジションの3列目の真ん中。

前作ではユニット曲、今作ではソロ曲にも選ばれています。

日々、成長していると共に、徐々に活動にも慣れてきて、本来の彼女らしさのようなものが見えてきていますね。

 

【1:09】小坂がメインで映る奥で1人固まっていますね。緊張気味。

【1:29】一番、奥に映っているんですが・・・ここけっこうびっくりします。私も一回見て「えっ!?」と二度見しました。笑

【4:01】全員同じポーズを取るんですが、一番かっこいいですね。

【4:21】このMVで唯一ソロで映るシーンですね。良い表情してます。

 

今回のMVは小坂がメインで多く映る時間が多かったです。

その小坂を正面から撮るシーンで、ちょうど影になってしまい、見えない時間が多かったのは少し残念ですね。

今回の曲調や激しいダンスは、すごく難しかったと思いますが、よく頑張っていたと思います。

次のシングルでも、さらなる成長を期待しましょう!

 

丹生明里

今回は3列目のポジションに移動しました。

曲の雰囲気を考えると、彼女の明るいイメージとは少し合わない部分もあるのを考慮してだと思います。

 

【0:17】さっそく丹生らしい笑顔で来場。

【1:31】途中で隠れてしまいますが、ダンスがすごいしなやか。

【2:32】目がかゆい。目がかゆい。

【3:06】齊藤とのダンスシーン。ここいいですよね〜。

【2:56】井口と丹生というAB型コンビ。また不思議な会話をしていそうな雰囲気・・・。

 

彼女も私の中で、いつもニコニコしているイメージの1人だったので、今回のMVでの表情やダンスにはびっくりしましたね。

すごくしなやかなダンスをするんだな〜と感じました。

まだまだ伸びしろ期待ですね!

 

河田陽菜

河田も今回は三列目に移動しました。

前作ではフロントに抜擢され、可愛らしい姿を見せてくれました。

今作ではいかなる姿を見せてくれるのでしょうか。

 

【0:21】金村と同じく、笑顔のまま、曲に入ってしまうのかと思いきや、一瞬で表情を変えた河田は職人ですね。

【0:38】ここの振りはおそらく上半身をウェービングさせるんだと思うんですが、河田はしっかりできてますね。

【0:43】お姉さんメンバー2人の中に紛れ込むと、より少女感際立ちますね。

【2:31】カメラに写ってないですが、目の前の何かを見て笑ってますね。

【2:56】上村となにやら指で遊んでます。

 

3列目の中でも、多く映っていた気がします。

【0:38】などもそうですが、私は割と細かい振りができているメンバーを見るのが好きなんですが、河田はいつもできていますね。

今回のMVでもよく見ると、河田スマイルがところどころで見れるのでおすすめです!

 

富田鈴花

あまりポジションが変わらないようになりつつありますね。

服装が目立つ色合いを着ているので見つけやすいです。

 

【0:51】すごく目立つ青いドレスを着てます。回った後のスカートのなびきが良いですね。

【1:22】ちょっと動きにクセがある?

【1:30】カメラワークもあり、迫力のあるシーンですね。

【1:41】遠い視点になってますが、すごくステップのキレがいい。

【3:16】ここは佐々木久、東村と何の動物か当てっこゲームをしてたみたいですが、なにやら富田が爆笑しています。

【3:28】回転ジャンプする富田。

 

映るたびに目に入る場面が多かったですね。

あまりポジションの変化がない中で、違うところに入ったらどうなるのか気になるメンバーです。

 

高瀬愛奈

高瀬も3列目は変わらず、ポジションもそこまで動きはありません。

 

【1:11】おそらく潮と楽しげにしゃべっている高瀬。

【2:31】河田と高瀬がなにかを見て笑っています。同時に笑い出すので、カメラ外でなにか起きてますね。

【2:56】潮としゃべっていますが、なにか気になったのか2人できょろきょろ。

 

大きく抜かれるシーンは、ほとんどオフショットに近い、真剣な場面ではない部分が多かったです。

なので、踊っているシーンよりも話して笑っているのが映る回数がたくさん見れました。

ドレスで踊るシーンが高瀬がいまいちどれなのかはっきりわからなかったり、序盤の数人グループのメンバーに入ってなかったのが少し見どころが減った理由ですね。

 

井口眞緒

今回も同じポジションになりました。

最近、とある事情で活動自粛になりましたが、早く復帰してもらいたいですね。

 

【0:20】曲が始まるタイミング、他のメンバーが素の表情からスッと入っていくのに対し、緊張の顔持ち。

【1:10】スタッフさんになにか教えてもらっている井口。

【1:12】歌詞を確認する井口。偉いですね。

【2:30】他のメンバーとダンスの確認をしています。

【3:01】楽しげに話すAB型コンビ。

【3:58】割とスカートが際どい!

 

今回の激しいダンスは井口にとっては、かなりの難敵だったと思います。

ちゃんと見てみると、やはり他のメンバーよりも若干遅れてたりもしますが、十分がんばっていたと思います!

 

潮紗理菜

今回のシングルは上手側に舞い戻る形になりました。

背後で支える縁の下の力持ちのような役割になってきてますね!

 

【1:13】この振りはサビ終わりの手振りなので、おそらく練習してるところが映っているみたいですね。

【1:16首と手の角度が良いですね。

【2:31宮田となにかを話して笑っています。

【3:58一斉に寝てる状態から立ち上がる中、潮だけダントツで立つのが早い。

【4:02振り向く際の首の残し方が良いです。

 

2ndシングルでは、映る回数が少なかったですが、今作では映る回数も多かったですし、隣に位置する高瀬、宮田と話したり、振りを確認し合うシーンもあってよかったですね。

 

佐々木久美

2ndシングルで3列目の端ながら、すごく歌番組などで映ることが多かった佐々木久美。

今回も同じポジションですので、後ろからメンバーを支えてほしいですね。

 

【0:11仲良しの東村とお話中。

【1:20ここのダンスなんですが、いろんなメンバーのダンスが見える画角になっているんですが、私が思うに、佐々木久美がダントツで上手いですね。特に足先。他のメンバーがただステップして移動する中、彼女だけ滑らかに移動しています。お腹のチラ見えも良い・・。

【1:42スタイルの良さと衣装の影響もありますが、ここのダンスもキレてますね〜。

【2:27松田とのペアダンスはお互いお気に入りのシーンのようです。

【2:483人でゲームをして遊んでます。ダンスシーンのかっこよさはどこへ・・・。笑

 

今回のMVも3列目の中では圧倒的に映ってましたね。

松田を抱えて、回るシーンはこのMVでも名シーンかと思います。

【0:40などを見てもわかるとおり、三列目の端は前に人がいない分、全身が映るので、ダンスの上手さも要求されます。

彼女のキレの良いダンスが楽しみですね!

 

宮田愛萌

前シングルの二列目の抜擢に対し、宮田はしっかり応えられていたと思います。

今回のシングルでは残念ながら、三列目に下がってしましましたが、歌の苦手な部分もあるので、そこも考慮しての可能性もあります。

しかし前シングルの松田好花のように三列目の端は、すごくみられやすいポジションになりつつあるので、頑張って欲しいですね!

 

【1:13】潮とサビの振りの練習中。いい顔してますね。

【2:31】ふと横を見ると、なぜか笑っている潮。

【2:52】綺麗すぎるポーズ。

【3:00】すごく男らしい座り方の宮田。

 

調べた結果によると、今回のMVで一番映っている時間が短いのが宮田でした。

佐々木久美同様、三列目の端はダンスも注目されるポジションなので、歌番組での活躍楽しみです!

 

印象に残ったメンバー

今回もこの記事を書くにあたり、MVをすさまじい回数見させていただきました。

その中で、今回のMVで私が気になったメンバーを紹介します!

・佐々木美玲

・井口眞緒

・齊藤京子&加藤史帆

 

まずは1人目は佐々木美玲

今回の曲調は今までになかった切なさのある表現力が求められる楽曲。

これを一番できていたのが、間違いなく佐々木美玲だったと思います。

普段は笑っていることが多くて、柔らかい雰囲気を感じるメンバーですが、ここまでの表現力を見せられるのはすごかったですね。

今回のシングルであえて二列目の中央に置いた理由がわかります。

けやき坂46時代もエモーショナルな楽曲でセンターを経験している力はさすがでした。

 

2人目は井口眞緒です。

正直、ダンスの苦手な井口にとっては、今回かなりの鬼門だったと思います。

MV中も他のメンバーに置いてかれぬように踊っていた印象でした。まだまだダンスには苦戦していると思います。

このMVはところどころで、休憩中のようなシーンが使われていました。

メンバー同士が会話したりしている中、歌詞を確認したり、ダンスの振りを教えてもらっていたり、彼女が努力している姿が映っていました。

井口は自分でもダンスや歌が苦手なのは自覚しています。

それを補うために自分ができることをやろうとしていることに、心が打たれましたね。

 

3人目・・・という言い方は間違っていますが、齊藤京子加藤史帆です。

今回の楽曲でセンター・小坂菜緒はすごく担うものが大きいと思います。

ただ可愛いだけでは、伝わらない楽曲だからです。

そこで重要な歌やダンスの表現において、すごくサポートになっているのが、同じくフロントに立つこの2人だと思います。

【4:07】のラストのサビ前を聴いた時に、この2人の重要性がかなり伝わりました。

今回の楽曲の全ての根幹を担うのは、齊藤と加藤だと思います。

 

 

すごく長い文章になってしまいましたが、もし気になるシーンがあれば、秒数のところまでいって確認してみてください!

長々とした記事でしたが、読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 












鬼滅の刃の漫画を全巻無料で読む方法

漫画 鬼滅の刃

漫画『鬼滅の刃』の単行本を無料で読める方法を紹介!【最大6巻分】

  たける『鬼滅の刃』のアニメ見たけど、漫画の続きも読みたいな〜。   『鬼滅の刃』のアニメは、いまや社会現象と言われるほどの大人気! 2019年に放送されたアニメは、全26話まで ...

  • この記事を書いた人

きょろ

北海道出身 / 2019年3月 『きょろログ』を開始!/ 20代の方向けの記事を主に投稿 / 投稿テーマ:乃木坂46・欅坂46・日向坂46のライブなどのイベント情報 / メンズ ヘアスタイルなどの美容関連 / U-NEXTやHuluなどのVOD(ビデオオンデマンド)関連 / 購読・コメントもお待ちしてます!

-日向坂46
-,

Copyright© きょろログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.