Loading...

カフェで人はなにしてる?カフェに行くメリットを解説!意外な効果も!?      

人生の考え方

カフェで人はなにしてる?カフェに行くメリットを解説!意外な効果も!?

カフェ ひとり 何する

 

どうも、きょろです〜。

 

今、私は某カフェでブログを書いています。

席は満席で、数分待っての着席でした。

私が飲むのは、約500円に近いカフェラテ。

美味しい!・・・けど、金額的には少し高め。

しかし店内は常に満席。

コーヒーを飲みたいなら、コンビニに行けば100円で買えますよね

にもかかわらず、人々はもっと高いお金を払おうとする。

 

人々は、なぜこんなにも高いコーヒーやカフェラテを飲んででも、カフェへと訪れるのでしょうか。

 

人はカフェでなにをする

周りを見渡すと、訪れている人々は様々。

楽しそうに語り合う大学生。1人、本を読む女性。

黙々と茶菓子を楽しむマダム。

私の隣でパソコンを叩く男性は、どこかの大学の先生だろうか。

画面には、よくわからない英文が広がっていました。

 

人々がカフェに訪れてすることは

・勉強
・読書
・仕事
・談笑


これらで限りなく90%を占めるでしょう。

しかし、これらを行うのに、果たしてカフェである必要はあるのか。

 

カフェのメリット

ではカフェで勉強や読書を行うのは、どんなメリットがあるのだろうか。

 

図書館にはない適度な音量

人間は集中するのには、適度な音がある方が良いと言われている。

カフェは、図書館のような無音の空間ではない。

人が話す声、従業員が作業する音、パソコンを打つ音、本のページをめくる音など、適度な音が聞こえてくる。

 

そのうるさすぎず、静かすぎない音量が、逆に集中力を高めてくれます

 

流れ行く人々

カフェの窓際の席に座ったことはありますか。

たいてい外の景色が見えるよう、ガラスになっていますよね。

もちろんその過ぎ行く人たちは、ただ歩いているだけで、自分を見てることなんて、ほぼありません。

 

しかし、カフェにいる側は、無意識に「見られているんじゃないか」と意識をしてしまうものです。

 

見られていると感じると、自然と『緊張感』が生まれます

 

この『緊張感』が、仕事の効率を高めてくれます。

 

程よい休憩

勉強や仕事をすると、どこかで休憩をすると思います。その時、家にいるとできることがたくさんあります。

テレビを見る、ゲームをする、漫画を読む等・・・

そしてその休憩から、抜け出せなくなりがちです。

引く手数多とは、まさにこのこと。

 

しかし、カフェでできることは、スマホをいじる、周りの景色を眺める、人の話に耳を傾けてみるくらいしかありません。

なので、すぐに休憩に踏ん切りをつけ、作業に戻ってきやすいです。

 

『空間』にお金を払う

カフェ なにする

 

カフェに行くということは、私のように、飲み物なり食べ物を購入して、着席するわけです。

そのコーヒーやマフィンに払った数百円は、一概に頼んだ商品に支払う対価というわけではありません。

 

商品(飲み物,食べ物)+ 空間

 

空間、つまりカフェの雰囲気や景色、自分が座れる席に対しても、お金を払っています。

コンビニ(100円)・・・コーヒー

カフェ(380円)・・・コーヒー (+席に座れる等)

 

コンビニで買っても、それはコーヒーのみに支払われる対価ですが、カフェで買うと、コーヒーに加え、席に座れることや、そこで過ごせる時間も一緒についてきます。

 

おわりに

私は普段、ほとんどカフェに行きません。

今日、行ったのも数年ぶりかも・・・。

「自分なんかが行ってよい場所なのであろうか・・・」とか

「それに行ったところで、コーヒー飲んでどうしよう」

くらいに思っていました。

 

しかし、いざ行ってみると、私の隣には、おじいちゃんおばあちゃんが仲睦まじく、優雅な午後を過ごしてらっしゃいました。

パソコン作業も集中して進められて、かなり捗りました!

 

みなさんも気分転換にカフェに行ってみてはいかがですか?

 

読んでいただきありがとうございました。

 









  • この記事を書いた人

きょろ

北海道出身 / 2019年3月 『きょろログ』を開始/ 20代の方向けの記事を主に投稿 / 主に映画やドラマ、アニメをお得に楽しめる方法をご紹介しています。

-人生の考え方
-

© 2020 きょろログ Powered by AFFINGER5